低血糖時に必要なブドウ糖15グラムの目安

​〜飲みきりやすいジュース〜

ヤクルト

Withtype1_media_ヤクルト二枚目.jpg
Withtype1_media_ヤクルト三枚目.jpg

​ ヤクルトは持ち運びには不向きかもしれませんが、糖分を摂りすぎてしまうことがないので頭がまわらない低血糖時には重宝します。1本のみだと12gですが、ぴったり15g飲む必要はないと思いますので、低血糖時の症状や血糖値の数値に合わせて試してみるのも良いかもしれません。

野菜生活

Withtype1_media_野菜生活二枚目.jpg
Withtype1_media_野菜生活三枚目.jpg

​ 果糖が多く含まれる野菜生活はブドウ糖のみ含まれるジュースとは違い多少吸収のスピードに差がでるかもしれません。重症な低血糖の場合はあまりお勧めできませんが、症状が軽い時や野菜の栄養を取っておきたいなと思った時などに飲んだりします。甘いボトルジュースを飲むのが気が引ける方にはちょうど良いですね。

オロナミンC

Withtype1_media_オロナミンC二枚目.jpg
Withtype1_media_オロナミンC三枚目.jpg

​ オロナミンCにはブドウ糖よりも砂糖が多く含まれているので半分飲んで残すというよりも、1本丸々飲んで良さそうです。コンビニでも自動販売機でも簡単に買えるので炭酸ではありますが比較的飲みやすいと思います。日本人なら確実にわかってもらえる飲み物だと思うので、あまり低血糖の症状に詳しくない知人にも調達してもらいやすいと思います。​